自動車保険見直し

自動車保険見直し

自動車保険は安くなります

自動車保険は安くなります。
あなたの自動車保険!!見直してみませんか?

 

考えてみれば自動車保険って、ほんの10年ほど前ぐらいまでは、
今思えばどの自動車保険会社も保険料にほとんど差がなかったように思いませんか?

 

じつはそうだったんです。
1998年以前までは・・・・

 

しかし1998年の自動車保険の自由化によって、
自動車保険会社が独自に保険料を設定できるようになったことで、
同じ条件でも保険会社によって保険料に差が生じるようになったのです。

 

以前の自動車保険というのは、
多くの場合代理店系保険会社(主に代理店を介して自動車保険の販売・契約を行う)を通して、
自動車保険が締結されるのが一般的でした。

 

しかし「ダイレクト系保険会社」の登場により、
驚くほど保険料が安くなったのです。

 

ダイレクト系保険会社は代理店を通さず、主に通販により自動車保険の販売・契約をする保険会社で、
アクサダイレクト、アメリカンホーム、ソニー損保、チューリッヒなどがあります。

 

※ダイレクト系保険会社・・・
アクサダイレクト、アメリカンホーム、ソニー損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、セコム損保、
セゾン自動車火災、そんぽ24損害保険、SBI損保、イーデザイン損保 等

 

※代理店系保険会社・・・
東京海上日動火災、三井住友海上、損保ジャパン、日本興亜損保、あいおいニッセイ同和損保 等

 

単純に考えれば代理店という中間コストがありませんから、
代理店系からダイレクト系へ保険会社を切り替えるだけでもかなり保険料を安くすることができますね。

 

 

ですが従来の代理店系保険会社も、いろいろと対抗策を講じてますし、
またダイレクト系の保険会社であっても、保険料に差があることがよくあります。

 

それから現在の自動車保険は「リスク細分型」が主流です。
つまり車両保険の補償範囲、車両保険の免責金額(自己負担金額)、
運転者の対象範囲等を限定することで、保険料はかなり違ってきます。
補償内容を絞った「リスク細分型保険」にすることによっても保険料を安くすることができるのですが、
いずれにしても険料を安くするためには複数の自動車保険会社で見積もりをとり、比較することが必要です。

 

あなたの自動車保険の保険料を安くするためには、
とにかく複数の自動車保険会社で見積もりをとり、比較することが大切です。

 

【無料】最大20社の自動車保険を一括見積もり

 

 

関連リンク

プライバシーポリシーについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 を使用することがあります。(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) ユーザーは Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。
 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ